成長企業分析

◇10倍株紹介◇ 増収増益の高成長企業【モノタロウ】を10年グラフで徹底分析!

スポンサー
☆☆の説明
やまねこ記者

前年四半期の売上高、営業利益をどちらか超えていれば☆、両方とも超えていれば☆☆になります。
前年四半期ベースで増収増益なら☆☆、赤字縮小でも☆を付けてます、累積ではなく四半期単体での比較です。

やまねこ記者をフォローする
スポンサー

10倍株を掴む方法2か条

1.話題や材料が豊富なテーマ株を狙う

注目が集まりやすく短期間で数倍に、1年で10倍になる銘柄もある。

政府の政策、病気や戦争での需要増加、トレンドや人気化を狙う。

2.中長期で増収増益の高成長株をホールド

自社製品、自社サービスを継続的に伸ばしている。

中長期で増収増益、財務状況も年々改善、企業の高収益体質化が強化されていく企業。

それぞれ良い点、悪い点を、解説していきます。
話題や材料が豊富なテーマ株企業
  • 新聞、ニュース、インターネット、ツイッターで情報収集するので様々なジャンルの知識が増える。
  • 知識の引き出しが増えると、入ってくる情報に対してどれくらい株価が反応するかの精度が上がる。
  • 投資機会が多く、1年で資産を10倍に増やすチャンスがある
  • 時間を大量に費やす。
  • トレンドに乗ろうと、しっかり調べず投資して不安になる。
  • 読みが外れて資産を減らす機会が多い。
中長期で増収増益の高成長株
  • 決算で数値はでているので、株価の推移はある程度予測できる。
  • これはと思う企業だけを調べればよいので、時間はそれほどかからない。
  • しっかり増収増益していれば、最悪資産が減る(株価下落)のリスクが減少
  • 長期的に株価10倍はあるが、1年で株価10倍になることは少ない。
  • 中長期前提なので、現金化したいタイミングがきても目標金額に達していないと現金化しにくい。

NISA口座以外の場合20%程税金が掛かりますので、1度現金化してしまうと、投資原資が20%減ってしまいます注意が必要です。

例えば、100万円投資して10倍株達成、1000万円になり900万円利益がでたと仮定します。180万円の税金を引かれて投資原資が820万円になります。
同じ会社にすぐ820万円投資します。この時は180万円の違いですが、ここから更に株価10倍になると、前者は1億円に、後者は8200万円となり1800万円の開きがでます。長期投資が有利な点です。
結論、時間のない人は、中長期で増収増益企業の長期投資がおススメ

増収増益、株価10倍になっているグロース企業を研究しつくして、同じように株価10倍になる企業を発掘する確率を上げていきましょう。

株式会社MonotaRO(証券コード:3064)

モノタロウは自社サービスを成長させた、3番のケースです。

2006年上場して今の株式数で換算すると株価7円の時があり、現在の株価は2400円を超えていますので株価300倍以上

100万円が3億円に!!

ここ10年間でみても、2012年に株価70円で推移していましたので、株価30倍になっています。

安値で株を購入するのは難しいですが、100万円を投資していれば3億円になっていました。夢のような話にきこえますが、投資とは、会社を成長させる為にお金(資本)を出す役割の人(投資家)なので、企業が爆発的に成長すれば、資産が増えるのは自然なことです。

【10年推移】 売上高 売上高増益率(前年比) 単位:百万円

ここ10年間は売上高増益率は20%以上で推移していますが、なだらかに下降するのが正常なので、20%を下回っても成長が鈍化しているとは判断しません。逆に20%を超えてくるようなら、成長スピードの加速が進むと判断できます。

売上高増加率10年平均は24%
【10年推移】営業利益 営業利益増加率

売上高推移と同様、営業利益増加率はなだらかに下降トレンドを形成、10%台で推移しても成長維持と判断できます。

営業利益増加率10年平均は29%
【四半期推移】 売上高

ここ2四半期は停滞ぎみでしたが、本決算はしっかりで成長継続。

【四半期推移】 売上高 売上総利益 販管費 粗利率


【四半期推移】営業利益 営業利益率

営業利益率は上昇傾向です、更に上昇すれば高収益体質が強化。

営業利益率平均は12%
【10年推移】株価 EPS(1株利益) PER(株価収益率)

PER10年平均は67

2013年以降PER50から100の間を推移。
EPSは綺麗に右肩あがり、ここ数年成長加速傾向。

現状PER60台後半、数字的にはまだ成長に陰り無し、2013年以降PER50が下限、PER60 株価2100円は買ってよい水準と考えています。

これからも、モノタロウの業績成長の数値を参考に他企業の成長も計っていきます。

四半期推移データ
monotaro百万円売上高売上総利益販管費営業利益経常利益純利益粗利率営業利益率
2011年1Q5,1101,44092251752328628%10%
2Q5,4031,53897056958233528%11%
3Q5,4341,5261,01251352529928%9%
4Q6,2921,7571,34741041522828%7%
2012年1Q6,6861,8671,20865865737528%10%
2Q6,9911,9631,19876578245328%11%
3Q7,1051,9681,26969970640928%10%
4Q7,9602,4361,63380379645231%10%
2013年1Q7,7392,3851,43195495665831%12%
2Q8,2522,5301,4221,1071,11867831%13%
3Q8,5962,5551,61294394647430%11%
4Q9,9692,9402,06088188147929%9%
2014年1Q10,8313,1341,9161,2171,22973529%11%
2Q10,4742,9961,9951,0011,01460329%10%
3Q11,1083,1712,24093193852429%8%
4Q12,5243,6332,4591,1741,17068229%9%
2015年1Q13,4473,9762,4571,5181,52996530%11%
2Q13,9094,2242,3091,9151,9161,21330%14%
3Q14,4424,3452,6231,7231,7291,06230%12%
4Q15,7654,7822,8501,9311,9461,19930%12%
2016年1Q16,5895,1283,0282,0992,1031,37531%13%
2Q16,7085,2512,8422,4102,4071,60231%14%
3Q17,2565,4543,0902,3642,3641,55832%14%
4Q19,0946,0623,4412,6202,6401,83332%14%
2017年1Q20,5546,3953,7172,6772,6981,95031%13%
2Q21,2226,5393,6492,8902,9142,01531%14%
3Q22,2816,7033,7122,9923,0082,08830%13%
4Q24,2907,2924,0133,2783,2382,41130%13%
2018年1Q25,0267,4794,3763,1033,0682,11230%12%
2Q26,6687,9074,3003,6073,6162,49330%14%
3Q27,2917,9264,4803,4453,4642,38129%13%
4Q30,5688,7155,0803,6353,6402,52929%12%
2019年1Q31,0658,8325,2633,5693,5852,49228%11%
2Q31,9059,0355,0074,0284,0222,81028%13%
3Q33,6839,4395,7333,7063,7382,45028%11%
4Q34,8109,7895,2534,5364,5423,23228%13%
2020年1Q36,93310,4705,9654,5044,5063,16628%12%
2Q38,34810,7715,9574,8144,8363,37428%13%
3Q39,55611,3606,3115,0505,0633,65129%13%
4Q42,50012,0936,8535,2395,2663,58028%12%
2021年1Q46,01713,3117,3016,0096,0834,24029%13%
2Q45,85113,0887,2005,8895,8904,10429%13%
3Q46,58213,1127,4695,6435,6953,94728%12%
4Q51,28114,5347,9466,5886,6345,26128%13%
累積データ
monotaro百万円売上高売上総利益販管費営業利益経常利益純利益売上高(前年比)営業利益(前年比)
2011年1Q5,1101,440922517523286
2Q10,5132,9781,8921,0861,105621
3Q15,9474,5042,9041,5991,630920
4Q22,2396,2614,2512,0092,0451,148
2012年1Q6,6861,8671,20865865737531%27%
2Q13,6773,8302,4061,4231,43982830%31%
3Q20,7825,7983,6752,1222,1451,23730%33%
4Q28,7428,2345,3082,9252,9411,68929%46%
2013年1Q7,7392,3851,43195495665816%45%
2Q15,9914,9152,8532,0612,0741,33617%45%
3Q24,5877,4704,4653,0043,0201,81018%42%
4Q34,55610,4106,5253,8853,9012,28920%33%
2014年1Q10,8313,1341,9161,2171,22973540%28%
2Q21,3056,1303,9112,2182,2431,33833%8%
3Q32,4139,3016,1513,1493,1811,86232%5%
4Q44,93712,9348,6104,3234,3512,54430%11%
2015年1Q13,4473,9762,4571,5181,52996524%25%
2Q27,3568,2004,7663,4333,4452,17828%55%
3Q41,79812,5457,3895,1565,1743,24029%64%
4Q57,56317,32710,2397,0877,1204,43928%64%
2016年1Q16,5895,1283,0282,0992,1031,37523%38%
2Q33,29710,3795,8704,5094,5102,97722%31%
3Q50,55315,8338,9606,8736,8744,53521%33%
4Q69,64721,89512,4019,4939,5146,36821%34%
2017年1Q20,5546,3953,7172,6772,6981,95024%28%
2Q41,77612,9347,3665,5675,6123,96525%23%
3Q64,05719,63711,0788,5598,6206,05327%25%
4Q88,34726,92915,09111,83711,8588,46427%25%
2018年1Q25,0267,4794,3763,1033,0682,11222%16%
2Q51,69415,3868,6766,7106,6844,60524%21%
3Q78,98523,31213,15610,15510,1486,98623%19%
4Q109,55332,02718,23613,79013,7889,51524%16%
2019年1Q31,0658,8325,2633,5693,5852,49224%15%
2Q62,97017,86710,2707,5977,6075,30222%13%
3Q96,65327,30616,00311,30311,3457,75222%11%
4Q131,46337,09521,25615,83915,88710,98420%15%
2020年1Q36,93310,4705,9654,5044,5063,16619%26%
2Q75,28121,24111,9229,3189,3426,54020%23%
3Q114,83732,60118,23314,36814,40510,19119%27%
4Q157,33744,69425,08619,60719,67113,77120%24%
2021年1Q46,01713,3117,3016,0096,0834,24025%33%
2Q91,86826,39914,50111,89811,9738,34422%28%
3Q138,45039,51121,97017,54117,66812,29121%22%
4Q189,73154,04529,91624,12924,30217,55221%23%

コメント

タイトルとURLをコピーしました